中部心理相談員会
HOME > 中部心理相談員会とは
中部心理相談員会とは
中部心理相談員会のご紹介
「心理相談員はまず "こころ" の受け皿として」
--- そのための自己研鑽の場です ---

中部心理相談員会 会長 跡部 昭子

現在の社会情勢は、複雑でいろいろな悩みが持ち込まれてきます。全国の「心理相談員」は日頃から、難題に直接立ち向い勉強しております。今回、「心理相談員」及び「中部心理相談員会」について概要をご説明し、広くご理解、ご支援をいただきたく存じます。

心理相談員とは
1. 厚生労働省の健康保持増進のための「トータル・ヘルスプロモーション・プラン(THP)」の一環として昭和63年から労働安全衛生法に基づきメディカルチェックや運動指導など身体面の健康保持増進と並んで「心の相談」「メンタルヘルスケア」の役割をになう「心理相談員」が誕生しました。
その後、今日に至るまで、その基本的な考え方は変わりませんが、社会(職場)環境は著しく変化し、心身の健康障害を招かざるを得ない状況が働く人々を取り巻いております。

2. こうした状況下において「THP」制度のもとに誕生した「心理相談員」の果たすべき役割はいっそう重要となってまいり、今日では、個人のレベルより組織へと広がってきております。しかし、こうした中においても、そのニーズにこたえるべく「心理相談員」は一人ひとりの資質向上及びスキルアップのために絶えず研鑽を続けることが求められます。

3. 心理相談員になるには、中央労働災害防止協会が実施する3日間の「心理相談専門研修(心理相談員養成研修)」の受講が必要であり、それには受講資格が必要です。

中部心理相談員会とは
1. 心理相談員会は、平成16年より従来の全国組織体制から各地域の特性を重視し、全国6地域(従来6支部)が各々独立した形で運営することになり、中部心理相談員会としては12年目を迎えております。
中部心理相談員会は労働安全衛生法に基づく働く人の健康保持増進策である「心とからだの健康づくり」=THP運動の一環をなす心理相談員及び心理相談専門研修修了者として、THP運動の推進に寄与すると共に会員の資質及び社会的地位の向上並びに会員相互の交流を図ることを目的とし、人間理解のための知識を深めるべく研鑽の場を提供するものです。

2.組織
本会は中部7県(愛知・岐阜・三重・静岡・富山・石川・福井)の会員で組織されています。
3.事業内容
(1) 会員の構成職域は幅広く、医師、衛生管理者、人事労務担当者、保健師、産業カウンセラー、臨床心理士、社会保険労務士、教師、トレーナー等々ですが、出身分野の別を問わず、心理相談員になりきって「こころのサポート」をしております。

(2) 本会の目的を達成するためにTHPにおける心理相談員の役割として、次の事業を行います。

(1)THP事業に関する事項
(2)メンタルヘルス・ケア業務に関する事項
(3)心理相談に関する事項
(4)会員の研究及び研修に関する事項
(5)広報に関する事項
(6)その他必要と認められる事項
4.活動
中部心理相談員会における事業として、レベルアップ研修会及び事例検討会を開催しております。
研修会の内容につきましては、毎年「レベルアップ研修会のご案内」を発行し、ご案内させていただいております。
具体的には前半は講義をいただき、後半は事例検討会を行っており、心理相談員としてメンタル不調者をどのように対応したらよいか等々、具体的な事例を検討することによって職場へ持ち帰って適用できるよう、心理相談員としてのレベルアップ研修を実施しております。

また、心理相談員が、メンタルヘルスの進め方・メンタルヘルス教育・事例検討・産業組織・労働行政の動向など、幅の広い専門分野にわたる研修を受講することができます。
尚、中災防が規定する3年毎の心理相談員の資格更新に際し、6単位研修実績が必要ですが、本会の研修で単位が取得できます。

現在会員の職域や職種も広がり、活動分野も拡大してきております。このような状況の中で、中部心理相談員会は働く人本人はもとより、その職場や家族、また広く地域社会に貢献寄与できる会員の育成、並びに資質向上を目指す研鑽を、研修会として活動を続けております。

また更なる発展と向上のために、中部圏へ活動を広げ、北陸地区を立ち上げ、続いて静岡地区も再スタートし、研修会を定期的に開催しております。
5.会員及び会費
中部心理相談員会は従来、中央労働災害防止協会の心理相談員専門研修受講後、入会していただいておりました。
ここで一人でも多くの方にご入会いただき、社会のニーズにこたえるべき活動を広く展開していきたいと考え、平成18年度より次のように入会枠を広げました。
尚、正会員については、中央労働災害防止協会が規定するレベルアップ研修単位を、各研修毎2単位を取得することができます。

(1)中災防心理相談員養成研修受講済の方(従来通り)
(2)中災防心理相談員養成研修受講済であるが未入会の方
(3)将来養成研修受講を希望される方
(4)人事労務及びメンタルヘルス関係業務を担当されている方
(5)その他、メンタルヘルス及び心理相談に関心をお持ちの方

入会金 3,000円、年会費 6,000円(10月〜3月末入会は 3,000円)
研修参加費 2,000円 非会員 4,000円
(ご入会当日より会員扱)
6.顧問・相談役・関係諸機関
後盾として行政、産業医学、心身医学、精神医学、心理学などの広い領域の先生方や関係諸機関のご指導・ご支援をお願いしております。
7. 現在の複雑な社会情勢の中で、心理相談員の役割は一層重要となってきております。
中部心理相談員会として、今後さらに社会のニーズに応えるべき、活動を展開努力してまいりたいと思っております。
皆様方の暖かいご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
中部心理相談員会 (愛知・岐阜・三重・静岡・富山・石川・福井)
       【会長】 跡部 昭子
       【事務局】 〒465-0036 名古屋市名東区藤里町1201-7-506
TEL/FAX 052-775-3092
ホームページ http://www.chubushinri.com/